1. トップ
  2. 調教したいS女へ

M男募集の方法

男性に比べると女性がSMパートナーを募集するのは簡単です。ネットで募集すれば10通20通とメッセージが届きます。

しかしその中に真性のM男と呼べる人は少ないです。悪い人ではないけれど気弱なだけなんだろうな…という感じの人が多いです。

運が悪いとエゴマゾに当たってしまうこともあります。少しでも素敵なM男と出会えるための方法を教えます。

出会い系の掲示板への書き込み方

M男を募集するためには出会い系の掲示板に書き込むのが簡単な方法です。

書き込まなくてもプロフィールに調教したいということを書いておけば検索してメッセージを送ってくるM男はいます。しかし少しでも良いM男と出会うためには広く募集してその中から選ぶのが確実なのです。

書き込む内容は自分の簡単なプロフィールと行いたいプレイくらいで大丈夫です。

書き込むときの注意

女性が出会い系を使うときは出会えないということはありません。しかし残念な男性と出会ってしまうリスクは存在します。そうならないように以下の点に注意してください。

「SM初心者です」と書かない

初めて調教をする場合であっても初心者であるということは書くべきではありません。なぜなら初心者と分かるとほとんど経験がないくせに自称経験豊富な素人M男からのメッセージが数多く届くからです。ある程度の経験はあるということにしておいたほうが残念なM男を避けられます。

エッチすぎる内容にしない

いくらムラムラしているからといって掲示板の募集内容にエッチな内容を書くべきではありません。そのような内容を書いてしまうと援助交際目的やデリバリーヘルスの従業員だと疑われてメッセージがほとんど来なくなるからです。募集内容は事務的なくらいでちょうどいいのです。

残念なM男の見極め方

メッセージから判別できる素敵なM男の特徴というものはありません。しかし残念なM男の特徴はメッセージに出ますからその見極め方を説明します。

最初からプレイに入っている

最初から「女王様どうかこの奴隷を調教してくださいませ」のようなメッセージを送ってくるM男はほぼ100%残念なタイプです。こちらの都合も考えずにいきなりプレイに入ってしまう配慮のなさはエゴマゾによくある特徴です。

調教内容を提案してくる

こちらが「緊縛調教したい」と言っているのに「それなら緊縛の上からロウソクで責めるというのはいかがでしょう?」と勝手な提案をしてくるM男もダメです。頼まれてもいないのに調教内容を提案してくるM男は自分がそれをしたいだけのことが多いです。

「女王様とお別れしました」と言ってくる

掲示板でM男募集すると必ず1人はいるのが「前に女王様の専属奴隷として飼われていました」と言ってくるM男です。他の女性から飼われるくらい魅力的だとアピールしたいのが見え見えです。このタイプは性格の悪い人が多いです。

どこのサイトでM男募集するか?

M男募集にはどのサイトを使うかも重要です。個人的な感想としてはSMパートナー専門のサイトよりも一般的な大手の出会い系のほうがまともなM男が多い印象です。有名なところでは以下のサイトがあります。

ハッピーメール<18禁>
Jメール≪18禁≫
PCMAX(18禁)